株式会社アイネックス ホーム >  杉並区T邸~大谷石塀の倒壊防止対策と玄関回りを素敵にリフォーム

外壁・屋根のリフォーム施工事例

杉並区T邸~大谷石塀の倒壊防止対策と玄関回りを素敵にリフォーム

築年数  : 
予 算  : 25万
主な工事 : 化粧ブロック塀新設
       既存の塀塗装

お客さまのリフォームのこだわり

・大谷石塀の劣化がひどいので、倒壊しないように前もって補強リフォームをしておきたい
・大谷石塀を解体するのは予算がかかるので、大谷石塀の補強を兼ねて、見た目もきれいにするリフォームをしたい
・玄関回りの既存の塀もかなり汚れているので合わせてきれいにリフォームしたい

大谷石塀の劣化がひどいので、倒壊しないように補強リフォームをしておきたい

施工中
右側のベージュ色の塀の奥に大谷石塀が建っていて、かなり劣化が進んでいます。ベージュの塀の上に化粧ブロックを立てて、大谷石塀の補強を兼ねて、大谷石塀を隠してしまいます。 化粧ブロックを組み上げる補強のため、既存の塀にアンカーボルトを打ち込んで固定します。
これが鉄筋コンクリート造でいう鉄筋の役割になります。
施工中 施工中
1段目の化粧ブロックの施工が終わりました。 化粧ブロックが組み終わりました。
完全に大谷石塀は隠れました。
施工中 施工中
次は化粧ブロックを立てた下の塀の塗装です。同じように塀は駐車場の周りにあります。 右側を塗装しました。やっぱり塗装をすると全く違うようになります。
大谷石塀はすっかり隠れてきれいになり、同時に崩壊防止対策の補強も終了しました。 全く別物に蘇りました。汚れた塀は塗装をするだけで、こんなにきれいになります。
既存平面図
2期リフォームは図面左側の既存ブロック塀です。
既存平面図
2m近く盛土があり、その上にブロック塀と以前お客さまがご自分で取り付けたラティスがあります。
ブロック塀は強度に問題がないので再使用して、ラティスは撤去して1期リフォーム工事で設置した門扉のカラー・
材質と同じフェンスを取り付けます。

中庭のブロック塀を第1期リフォーム工事の仕様と同じカラー・材質で統一したい

2期リフォーム工事は奥の塀とフェンスです。
手前の塀は1期リフォーム工事の施工範囲で、発生して
いたエフロ現象を処理してきれいにした後、コンクリート
劣化防止・遮水材「MCファイン」を塗布してあります。

左右の塀の意匠を合わせたので、ひと続きのきれいな
塀になりました。


エフロ現象とは? こちらをご覧ください 

コンクリート劣化防止・遮水材「MCファイン」