株式会社アイネックス ホーム >  キッチンリフォーム キッチンの良いレイアウトと悪いレイアウト

キッチンリフォーム施工事例

キッチンリフォーム 良いレイアウトと悪いレイアウト

主な仕様
天 板:人工大理石 デュポン社コーリアン
扉 材:メラミン化粧板
食洗機:W=45cm
調理器:IHクッキングヒーター
白で統一されて、とても清潔感を感じるキッチンですが、「作業動線」がバラバラだと、すぐに汚れて不快なキッチンになってしまいます。
白を基調にしたキッチンは特に汚れが目立つため、慎重にレイアウトを決める必要があります。
このキッチンの作業動線は、「冷蔵庫・食品庫から具材を物出しスペースに取り出しす → 洗った具材を下ごしらえする → そして加熱(調理)する → 出来た料理を配膳する」というようにきれいに右回りになってます。

コの字型キッチンだからこそ可能な完璧なレイアウトです!
 
こんなキッチンだったら、料理をするのがとても楽しくなると思います。

絶対にしてはいけない悪いレイアウト

スムーズに、手早く、楽しく料理をするためには、事前に「作業動線」をよく考えておかないといけません。 
「作業動線」を考えてキッチンをプランしないと、全く使いものにならないキッチンになってしまいます。
それほど「作業動線」は大切です。 お2人が台所に入るご家庭は特にそうです。

悪いレイアウト その1

上のレイアウトで悪い点は、シンクと調理器具が離れた作業台上に配置してあるということです。 
これでは調理の下ごしらえをした具材を加熱器具に移すときに、床に水が垂れてしまい、料理をするたびに床を掃除するようになり疲れてしまいます。
 
レイアウトをコの字型にして、中間に「したごしらへのスペース」を入れると良いレイアウトになります。

人気のあるアイランド型キッチンも同様です。 
決してシンクと加熱器具は別の作業台上に配置してはいけません。
アイランド型キッチンは確かにオシャレですが、アイランド部分にシンクだけを配置することは絶対にしてはいけないレイアウトです。

悪いレイアウト その2

このレイアウトのしてはいけない点は、シンクと加熱器具の間隔が狭すぎるため、シンクの背面が「下ごしらえをするスペース」になっているところです。
これでは「悪いレイアウト その1」と同様、床に水が垂れてしまいます。
 
解決策としましては、まず加熱器具を赤矢印の位置に移動して、加熱器具のスペースを「したごしらへのスペース」にすることで左回りの「作業動線」を作るべきです。
お客さまは中古マンションを購入されたのですが、立地条件も価格も別に不満はなかったが、システムキッチンの天板が人工大理石ということだけ唯一購入前に悩まれたそうです。
そのときアイネックスにご相談をいただきまして、ステンレス天板仕様のシステムキッチンに交換した場合の見積をご依頼いただきました。
その見積金額が84万円(税込)でした。その後84万の値引き条件でマンション購入の交渉、そして見事交渉成立というエピソードがあります。
とにかく気を使うキッチンは嫌なので、天板は絶対にステンレスにしたいという希望を叶えたお客さまは、とても満足されていました。

小さくてもいいので、食器洗い乾燥機を入れたい

台所が狭く、既設のキッチンの扉とフローリングが茶系なので、少し暗いイメージでした。 キッチンの扉を白にしたので、台所が明るくなりました。
朝から晩まで忙しいお客さまは食洗機を入れたことで、「時間が節約できてすごく嬉しい」と喜んでくださいました。
キッチンプラン
■平面図
■展開図
■断面図
■スペック
キッチン部材 
■ベースキャビネット
扉      :米松オスモクリアー 
内部     :白ポリ 
天板     :人工大理石コーリアン 
シンク    :中外交易 TBK800-440 
スライドレール:スガツネ4070 
取手     :ヤマギワ NE-3

■吊戸棚 
内部      :白ポリ
小口、見えがかり:米松オスモクリアー
棚柱      :スガツネ SP-1820
扉       :ポリカツインt6クリア
         縦枠 アルミチャンネル
         クリッポ15GKK
厨房機器
ガスコンロ   :リンナイ RB31W12A10R-SL 
食器洗い機   :パナソニック NP-45MS5S  
フード     :富士工業 VF-753SI
水栓金物    :TOTO TKGG31EC
カトラリーパイプ:ベスト19mmNO.664-S×2
シンクタオル掛け:スガツネ7611-03

杉並区T邸 システムキッチン取付工事の施工フロー

ホームページではあまり掲載例がございませんので、システムキッチンの取付作業の様子をご覧ください。
給排水設備の配管や電気ケーブルの配線のため、
壁を解体して軸組を露出させました。
電気や給排水の先行配管工事を行ないます。
先行の配線工事や配管工事が終わり壁を塞いだら、キッチン取付の下準備は完了です。 先にベースキャビネットから取り付けると吊戸棚の取付の邪魔になるため、吊戸棚から取り付けます。
レンジフードの納品が遅れていたので、仕方がなく後から取り付けます。
右袖壁のキッチンパネルを取り付けます。 ベースキャビネットの巾木をセットします。
右側からベースキャビネットを取り付けます。 2つ目のユニットと連結します。
左端のユニットを取り付けます。 シンク下はオープンなので、シンクユニットは幕板だけです。
食器洗い機をセットします。 人工大理石天板をセットします。
まだ施工途中のため、天板を養生します。 カトラリーなどをフックさせるパイプを取り付けます。
納品が遅れたレンジフードを取り付けます。 ガスコンロを取り付けます。
キャスター付ワゴンを仮置きします。 吊戸棚の棚板をセットします。
正面のキッチンパネルを貼るため、専用ボンドと両面テープを付けます。 キッチンパネルを貼ります。
食器洗い機のフロントパネルをセットします。 水栓を取り付けます。
ポリカツイン引き違い扉を吊り込みます。 キッチンパネル回りをコーキング(防水)して、キッチン取付工事は終了です。
杉並区T邸は住みながらのリフォーム工事でした。
クロス工事はこれからですが、キッチンの取付が終わったら、ご覧の通りすぐお客さまが使い始められました。
ポリカツイン引き違い扉を吊り込みます。 電気や給排水の先行配管工事を行ないます。
メーカーのユニットを並べるタイプなので、オーダー家具で食器棚を付けるよりかなり安くできました。

カウンターの右上は敢えて吊戸棚を付けないで、ここにウォーターディスペンサーを置きます。
台所には小物がいっぱいあって、どうやって整理しようかと考えていました。
どうせなら地震でも倒れないように、オーダー家具にしようかなとも思っていましたが、予算がどれくらいかかるのかも想像できませんでした。
そんなときにアイネックスさんのホームページに出会いました。
自宅から歩いて5分のところなので相談に行きましたら、メーカーのユニットを組み合わせれば安く出来ますよと言われたので、それならばと思いご依頼しました。
予定より半額以下で、地震でも倒れない食器棚ができたので本当に良かったです。

オーブンは電気ではなくガスでアイラインにビルトインしたい

リフォーム前もガスオーブンをアイラインにビルトインしていました。 アマナ社(米国製)のガスオーブンをビルトインしました。色は白にして、キッチンを桜色と白の2色で統一しています。

鍋やフライパンなどの調理器具と乾物を収納する大きくて使いやすい収納がほしい

間口1m40cmの大型収納です。
扉は4枚構成の引き戸になっていて、中央の2枚が左右に開きます。

内部の照明は、扉を開けると点灯する人感センサー式です。

食洗機もビルトインして、アイラインで使える水切り棚も付けて扉で隠したい

杉並区T邸は住みながらのリフォーム工事でした。
クロス工事はこれからですが、キッチンの取付が終わったら、ご覧の通りすぐお客さまが使い始められました。
既存平面図
2期リフォームは図面左側の既存ブロック塀です。
既存平面図
2m近く盛土があり、その上にブロック塀と以前お客さまがご自分で取り付けたラティスがあります。
ブロック塀は強度に問題がないので再使用して、ラティスは撤去して1期リフォーム工事で設置した門扉のカラー・
材質と同じフェンスを取り付けます。

中庭のブロック塀を第1期リフォーム工事の仕様と同じカラー・材質で統一したい

第1期リフォーム工事 門扉の交換
第1期リフォーム工事で新設した門扉 フレームの材質とカラーは門扉と全く同じです。