株式会社アイネックス ホーム 戸建住宅・マンションのリノベーション 玄関から三和土(たたき)部分の空間デザイン

株式会社アイネックス 公式ブログ

ご実家を大々的にリノベーション  大切なものは残してレガシーに! in 杉並区

戸建住宅・マンションのリノベーション 玄関から三和土(たたき)部分の空間デザイン

アイネックス小池です

「ご実家を大々的にリノベーション  大切なものは残してレガシーに! in 杉並区」の続きです。前回内容
■リノベーション前:1階平面図
引き続き1階リノベーションプラン概要を見ていただきます。
■リノベーションプラン:1階平面図
リビングダイニングの奥行が1間(1m80cm)もある物入は、プラン図のように奥行を半分にします。
ここで悩しいのが、三和土(たたき)側から使う階段下収納と隣接していることです。

三和土を含めて玄関回りのリノベーションに対してのご要望は、この時点ではまだ漠然としています。
玄関を入ったら三和土に階段下収納の扉があるというのは個人的には好きではありません。

じゃーどうするか、ということになりますよね。
リノベーション前は物入と階段下収納の間に仕切りがありましたが、プラン図を見ていただくと仕切りを取っています。(階段下収納部の斜線は、階段下のため天井が下がっているという意味です)

この場合階段下収納は、物入側から使うことになります。
以前既存の奥行の深い物入を評した際に、手前の物を出してから奥の物を取り出すようになり、かえって使いづらい収納と申し上げました。
まさに矛盾しています。
このスペースをどう使うか、ここも今後の課題ですね。

ただし奥行1間の物入は、プラン図のようにして柱だけを残して撤去します。
この半間がないだけで、リビングダイニングが広く感じることは間違いないからです。
■キッチンプレゼンテーション:調理スペース側
調理スペース側も当然同じ扉で、人工大理石カウンターです。

レンジフードはマントル型にして、調理器はIHクッキングヒーターのコンロだけでいいとのことなので、グリルはなくカウンター下は全部引出式収納になっています。
■リノベーション前既存図:1階平面図 ■リノベーションプラン:1階平面図
■リノベーションプラン:1階平面図
アイランド=島にしたら、このようなレイアウトになります。
そうなると、ダイニングテーブル&チェアもピアノ側に最低60cmは寄せることになり、この辺りはスペースが広いのでまだ余裕がありますが、シンクの横の作業スペースはその分(60cm)狭くなります。

先に申し上げましたが、あくまでこれは一番最初のたたき台プランなので、キッチンのレイアウトなどを含めて、これから壮大な打合せを行う必要があります。
統一感を考慮して、専門のコーディネーターに依頼するとのことですが、だからと言ってあまりにもコーディネイトをしづらいプランではちょっと無責任なので、プランの段階でも考えておかないといけませんね。

この時点ではまだコーディネーターは決まっていません。
お客さまが雇うコーディネーターは、レイアウト全体をコーディネートするのか、それともカラーコーディネートだけなのか、その範疇も分からないので、プランをするのも多少手探り状態が不安が残ります。

LDKに入った際に、キッチンからリビングダイニングまで全体が目に入る造りなので、猫足のピアノは入口の横に置いて、壁を立ててピアノが目に入らないようなプランになっています。

リビングに入った際に両脇に壁があるのは圧迫感がありますが、入ったときの第一印象を考えた上でのプランということで....。
前の記事 ・・・・・・・・・・・ 次の記事