株式会社アイネックス ホーム >  シェアハウス型セーフティネット住宅リノベーション~構造材結合・補強金物

株式会社アイネックス 公式ブログ

生活弱者を地域で支える 池袋で空き家活用プロジェクト「セーフティネット住宅」

シェアハウス型セーフティネット住宅リノベーション~構造材結合・補強金物

アイネックス小池です

「生活弱者を地域で支える 池袋で空き家活用プロジェクト・セーフティネット住宅」、リフォーム現場の進捗状況、解体工事後の専用居室4の続きです。
■リフォームプラン:専用居室4平面図
■リフォームプラン:梁補強工事
■リフォーム大工工事:梁補強工事
一番左の赤丸部分を見てみましょう。
リフォーム大工工事:梁補強工事
金物が3つ見ています。
リフォーム大工工事:梁補強工事
柱Gの上に添え梁が設置されているのが、新しい材料のためにすぐに分かります。
柱Gと添え梁を接合している金物Aが、図面にあるオメガコーナーです。
金物Bは既存の梁と添え梁を結合している、図面にあるボルトM16です。
金物Cは既存の羽子板ボルトです。
リフォーム大工工事:梁補強工事オメガコーナー
この金物がオメガコーナーで、リフォーム現場とは天地が逆ですが使い方や強度は同じです。
オメガコーナーは柱と横架材の接合に使用します。
■リフォーム大工工事:梁補強工事
添え梁は新しい材料なので、見分けが付きやすいと思います。
リフォーム大工工事:梁補強工事
新旧の梁が結合しているのが分かります。
リフォーム大工工事:梁補強工事
暗くて分かりづらいですが、白丸のところに羽子板ボルトを使用しています。
リフォーム大工工事:梁補強工事羽子板ボルト

羽子板ボルトは小屋梁と軒桁、軒桁と柱、胴差と梁、通し柱と胴差、胴差相互及び柱と横架材の接合に使用します。
・・・・・・・・・・・ 前の記事
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事