株式会社アイネックス ホーム >  中古住宅リノベーションin杉並区 リフォームの解体工事中に行う重要な建物構造調査

株式会社アイネックス 公式ブログ

中古住宅のリノベーション in 杉並区 漠然としてるイメージを形にするリフォーム計画

中古住宅リノベーションin杉並区 リフォームの解体工事中に行う重要な建物構造調査

アイネックス小池です

「中古住宅のリノベーション in 杉並区 漠然としてるイメージを形にするリフォーム計画」、リフォーム現場の進捗状況の続きです。
■リフォーム前1階平面図(現況図面)
取り敢えず地下のことは忘れて、1階の解体工事をご覧いただきます。
■リフォームプラン:1階平面図
リフォーム解体工事:キッチン 防犯リフォーム:リフォーム前フェンス
リフォーム後は対面式キッチンにするので、キッチンを設置する位置も向きも全く違うところになります。
戸建住宅は床下に必ずスペースがあるので、マンションのリフォームに比べたら、給排水管の配管や電気の配線工事がとてもスムーズに行えますね。
リフォーム前:洗面脱衣室 リフォーム解体工事:洗面脱衣室
洗面台のミラーキャビネットの撤去が終わっているようです。
洗面脱衣室をリビング側に広くするので、洗濯機スペースの左横の壁も解体して、分電盤は窓側に移設します。
リフォーム解体工事:玄関土間部壁
玄関を入ってすぐ右の壁に、サンダーで穴を開けています。
解体工事中に行う非常に重要な調査のためです。
リフォーム解体工事:玄関土間部壁
開口作業が終わって、壁の中の状況が分かりますね。
さて、何を調べているか分かりますか?
リフォーム前:玄関回り平面図 リフォームプラン:玄関回り平面図
玄関を入ってすぐ右の壁を解体して下駄箱をビルトインするように設置するため、壁の中の構造を調べていました。もし筋交いでも入っていたら、新たに施工方法を考えて補強工事をしなくてはいけません。
結果は特に問題もないので、プラン通りに進められます。
リフォーム解体工事:キッチン リフォーム解体工事:洗面脱衣室
キッチンはあとレンジフードを撤去して、壁のタイルを解体すればお終いです。
洗面台の撤去も終わっていて、給水管・給湯管の止水、排水管の塞ぎもちゃんとしてありますね。
・・・・・・・・・・・ 前の記事
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事