株式会社アイネックス ホーム >  念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区:リビングの天井を高くするリフォーム~リフォーム後露出する柱はクロスで仕上げる

株式会社アイネックス 公式ブログ

念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区戸建住宅

リビングの天井を高くするリフォーム~リフォーム後露出する柱はクロスで仕上げる

アイネックス小池です
「念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区戸建住宅」の続きです。
リフォームプラン:リビング平面図
グレー部:リビングの天井を高くする範囲
対象面積:6.4㎡
リフォーム前:S方向 リフォーム前:E方向
リフォームプラン:リビング立面図E方向 リフォームプラン:リビング立面図S方向
今回リフォームはリビングの天井を高くすることがメインテーマなので、工程の大半は木工事(大工さんの工事)で、それに付随する照明器具やシーリングファンの配線や設置を行う電気工事と内装仕上げのクロス工事、最後にクリーニングと、この4業種で完結するリフォームです。
リビングの天井を高くするリフォーム:天井クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:天井クロス下地工事
天井のクロス下地工事が始まりました。
この態勢で作業をするのは、本当に首にくる...と大工さんが漏らしていましたね。
画像をぼかしてあるのはアイネックスの現場監督で、あまりにも間抜けな顔をしているため、受注に支障をきたすのを避けました。
リビングの天井を高くするリフォーム:天井クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:天井クロス下地工事
天井のクロス下地の起点になるセンターのボードの設置が終わりました。
通常天井には9.5mmのプラスターボードを貼りますが、シーリングファンを吊るすので、強度のある構造用合板を使いました。
柱との取り合いは、柱型に合わせて切り込みを入れてあります。
リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事
壁のクロス下地工事も同時に進行させます。
この面は、バルコニー側W方向です。
リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事
天井が高くなる頂部までプラスターボードが届いていますね。
高くなる天井の頂部は、床から3mの高さです。
梁の補強金物は、近くで見るとこんなにごっつい形状をしています。
リビングの天井を高くするリフォーム:柱クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:柱クロス下地工事
北側にある柱は天井を高くすると露出するので、クロスで仕上げるためにプラスターボードを貼ります。
柱と言いましたが、正式には小屋束(こやづか)といい、梁の上に立てて母屋を支えています。
小屋束の3面ともプラスターボードを貼り終わりました。
リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:壁クロス下地工事
天井や壁にボードが貼られていくと、完成形のイメージが起こしやすくなったのではないでしょうか。
リビングの天井を高くするリフォーム:小屋束クロス下地工事 リビングの天井を高くするリフォーム:小屋束クロス下地工事
リフォームプラン:リビング平面図の梁Cにも小屋束があることが表記されています。
これは棟木を支えている小屋束で、天井が高くなった後は4面全部が見えてきますので、この通りプラスターボードを貼ってクロスで仕上げます。
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事