株式会社アイネックス ホーム >  念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区:リビングの天井を高くするリフォーム~シーリングファンで強制的に空気対流を促す

株式会社アイネックス 公式ブログ

念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区戸建住宅

リビングの天井を高くするリフォーム~シーリングファンで強制的に空気対流を促す

アイネックス小池です
「念願のリビングの天井を高くするリフォーム in 杉並区戸建住宅」の続きです。
リフォームプラン:リビング平面図
さて、リビングの天井を高くする範囲が決まりましたので、次は照明計画です。
そして、照明計画と合わせて冷暖房効率のことも考えなくてはいけません。
天井を高くしたことでリビングの容積が大きなるので、冷暖房効率が悪くなります。
加えて、天井の形状もフラットではなくなるので、空気の対流にも支障をきたします。
ということでお分かりかと思いますが、シーリングファンを設置して空気の対流を強制的に促します。
リフォームプラン:リビング平面図
高くなる天井のセンターにシーリングファンを配置し、照明はライティングレールを2ヶ所に設置してLEDスポットライトを使います。
また、天井裏には換気扇を設置して強制的に天井裏の換気を行い、天井内部の温度上昇を抑えます。
シーリングファンリフォーム前:台所→リビング 照明付シーリングファン

左が今回使うシーリングファンです。
シーリングファンには、照明と一体になったタイプもあります。
シーリングファンに照明が付いているとやかましく、天井をすっきりさせたいとのことで、通常のシーリングファンを使います。
リフォームプラン:リビング立面図S方向
平面図では分かりづらかったと思いますが、シーリングファンはリフォーム後に見えてくる梁より上になります。
天井裏のバルコニー側の壁に換気扇を設置して、外部には防火ダンパー付ウェザーカバーを取り付けます。
天井が高くなる東側の側面に設置するライティングレールのスポットライトは、リビングのメイン照明、その反対側に設置するライティングレールは下に置くソファーを照らして読書用になります。
リフォームプラン:リビング立面図E方向
E方向の立面図のほうが屋根の形状が分かるので、見ていてもしっくりきてイメージが湧くのではないでしょうか。
これでリビングの天井を高くするプランは決定したので、次回からリフォーム現場の様子を見ていただきます。
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事