株式会社アイネックス ホーム >  子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区:リノベーションはプランが重要27~既存品を加工、再使用してリフォーム費用削減

株式会社アイネックス 公式ブログ

子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区

リノベーションはプランが重要27~既存品を加工、再使用してリフォーム費用削減

アイネックス小池です
「子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区」の第2期3階リフォーム工事の続きです。
■3階リフォーム前平面図
■3階リフォームプラン~平面図
リフォーム工事の現場様子、引き続き木工事(大工さんの工事)です。
リフォーム前台所
リフォーム前の台所です。
この部分が解体工事、木工事を経て変わっていく変遷を見ていただきます。
解体工事後台所
解体工事後です。
キッチンの吊戸棚と繋がっていた再使用する予定の造作家具の収納があるだけで、キッチンが全部なくなりデフォルトの壁下地が現れて汚い状態です。
リフォーム工事中台所:木工事
壁にプラスターボードが貼られて、それらしくなってきました。
プラスターボードは、既存の構造用合板(12mm厚合板ベニア)に貼ってあります。
この壁面には吊戸棚を取り付けるので下地が必要になりますが、既存の構造用合板が下地になるため新たに下地を入れなくても大丈夫です。
リフォーム工事中台所:木工事第2段
北面の壁もベニアを貼って、きれいな下地になっています。
この面はキッチンパネルとクロスで仕上げます。
それ以外に大きく変わっているところがあるのですが、お気付きになりませんか?
リフォーム前から工事中の画像をよ~く見ていただければ分かると思うのですが。
造作家具収納
以前からなんどとなく書きましたが、既存造作家具収納の左上のキャビネットの加工が終わって、予定通りの形に変わっています。
弊社の造作家具工場の職人が現場に来て、キャビネットを半分に詰めて、左開きになるようにヒンジ(丁番)の受け座を付け替えました。
既存のキャビネットを現場で加工して再使用する、デザインも元通りだし、素晴らしいリフォーム費用削減方法だと思いますが、いかがでしょうか?
図面上では狭く見えますが、意外としっかりした物置になると思います。
画像の床はスラブコンクリートですが、リフォーム後は洗面脱衣室と同じ高さにするので、これから木工事で床下地を組んでいきます。
ユニットバスの裏面を塞ぐのですが、物入が少しでも広く使えるように、最小限の厚さの材料で塞ぎます。
お客さまは、こんなところに他人は入らないから、このままでもいいと言われますが、さすがにリフォーム店としてはそうはいきませんので...。
それにしても超明るい物入です。
ユニットバス裏の物入 ユニットバス裏の物入

洗面脱衣室 洗面脱衣室

天井から出ているジャバラ管は、2室換気の洗面脱衣室側の吸気口のものです。
大工さんが壁や床を仕上げる前に行っておく、給排水管の先行配管工事は終わっています。
ユニットバス浴槽
先ほどの画像はユニットバスの洗い場側で、これは浴槽側です。
オレンジなので給湯管が2本取り込まれています。
お風呂のシャワー水栓は洗い場にあるので、この2本の給湯管は水栓用ではありません。
さて、この2本の給湯管は何のためものなのか分かりますか?
これは追い焚き用の配管です。
追い焚き機能は、浴槽のお湯を給湯器に送り、高温のお湯になったものを浴槽に戻します。
そのため追い焚き配管は、行って来いの2本の給湯管が必要ということです。
空調配管工事
既存の冷媒管を切断して新しい冷媒管を配管していることは問題ないのですが、このルートではリフォーム前と同じように床から天井までの壁を一部でも残さないといけなくなります。
実はこの時点では冷媒管の配管ルートを変更することは決定してなく、配管ルートを変更するのは私の頭の中だけのものでした。
前述しました通り新しい配管ルートはかなり困難な作業になるため、現場監督と空調工事の職人さんが既存のルートしか方法はないと判断してのことでした。
リフォームプラン:階段前の壁 リフォームプラン:階段前の壁NG版

危うくこんなデザインになるところでした。
こんなデザインに私はしませんよ。
リフォーム、リノベーションはセンスも非常に重要です。
給水管・給湯管配管工事
洗面化粧台用の配管を拡大して見ています。
給水・給湯管の先に何か付いていますよね? これはストッププラグという部品で、これで吐水口を塞いでいます。
吐水口が手前に向いていることになり、この後の工事で給水管と給湯管は壁の中に隠れます。
洗面化粧台に限らず水やお湯を取り込む方法は、壁出しと床立ち上げがあり、この場合は壁出しになります。
壁出しと床立ち上げのどちらがいいということではなく、現場の状況によって使い分けします。
空調ダクト配管
リフォーム前の浴室の天井裏です。
戸建住宅にしてはやたらと空調のダクトがあり、設計士さんの過剰設備がここにも見受け取れます。
空調ダクト配管2
リフォーム前平面図と照らし合わせて、なんのダクトか見てみましょう。
青はトイレの換気扇、黄色はお風呂の2室換気扇(1台の換気扇で2ヶ所の換気をするもの)、緑はダイニングの換気扇です。
赤は27年間何のためにあるものかお客さまがご存じなかった全熱交換器のダクトです。
お客さまにとっては、やっぱり過剰設備でしたね。
設計士さんの独り相撲です。
■リフォームプラン~空調冷媒管配管ルート
緑が既存の冷媒管配管ルートで、室内機背中から壁に引き込んでから天井裏に上げて、天井内を通っての位置で床方向に配管してあります。
新規配管ルートは天井に取り込むまでは同じで、天井内を通して納戸の天井裏に配管します。
納戸内の見た目は気にされないとのことなので、納戸の壁に沿って露出で配管して、のあたりで下に降ろし、床から20cmぐらいのところでリビング側に配管するというものです。
この冷媒管配管は結構難度が高いですが、空調工事の職人さんに頑張ってもらいます。
解体工事後階段回り
階段回りをご覧いただきますが、ここは今回リフォーム工事でデザイン上大きなポイントになるところです。
鉄骨階段
階段の構造体、ごっつい鉄骨が現れましたね。
階段の下は納戸から使う収納になっていますが、奥の狭いところなので出し入れが不便なため、一度収納したら何を仕舞ったか忘れてしまうぐらい使うことはないそうです。
階段下収納扉新設
この収納スペースを台所側から使えるように、このように扉を新設しますが、鉄骨があるため高さは低くなります。
それでもリフォーム前よりは断然有効に使えますね。
空調配管ルート
養生をしてある天井吊りスピーカーの横に開口があります(リフォーム前平面図:B)。
2階から引き込まれた冷媒管は、ここを通過して壁掛けエアコンに行っています。
かなり前に埋込空調システムを壁掛けエアコンに変更してますが、冷媒管は元のものを使ったようです。
新築後度重なる空調システムの修理代金に懲りたお客さまは、かなり前に壁掛けエアコンに変えたとのことでしたが、初めから壁掛けエアコンにしておけば、床下で給排水管の配管も出来たし、天井裏のスペースは250mmあれば十分なので、天井高も2m35cmぐらいまで上げれたのに...。
お客さまが設計士さんに全部お任せで新築工事のプランを委ねた結果ですが、だからと言って埋め込み空調システムにする必要は全くなく、返って壁掛けエアコンにして天井高を高くした方がいいと考えなかったのでしょうかねー。
リフォーム前洗面脱衣室・トイレ入口
収納の手前にトイレと洗面脱衣室の入口開き戸が並んでありました。
解体工事後洗面脱衣室・トイレ入口
造るのは時間がかかりますが、壊すのはあっという間で儚いものです。
建築に携わっている者としては、寂しい気もしますね。
リフォーム前浴室
さて、セットバックしている壁側にあったお風呂はどうなったでしょうか?
傾斜窓カーテンレール左端部固定
ハーフユニットバスも完全に撤去されて、躯体の形が露になりました。
こうして見ると、結構大きい傾斜窓ですね。
新築当初は、この窓には傾斜用ブラインドを設置してあったそうですが、使い勝手も悪く年中閉めたままなので、意味がないため早々にすりガラス調のシートを貼ったとのことです。
このシートも手先の器用なご主人が貼ったとのことです。
設計士さんが残した爪跡をご主人が始末しているところが多いですね。
すみませんが時間がなくなったので、下のウッドレールの固定方法は次回にさせていただきます。
これがその警告書です。
ごみを不法投棄した者には、廃棄物処理法により罰せられるという内容ですが、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、法人に至っては3億円以下の罰金です。
こんな金額ということを皆さんはご存じでしたか。
懲役は避けたいので違反者は罰金を選ぶと思うのですが、これってどのくらいの罰金でどれほど実施されているのでしょうか。
しかし警告書がある周りには、不法投棄されたであろうごみがたくさんありました。
処罰を実行してないから、不法投棄が後を絶たないのでしょうね。
警告書を製作して、不法投棄が多い場所に貼る作業に至るまで予算をかけているのだから、警告書だけでは効果がない場合は処罰を実行すべきだと強く思います。
そもそも傾斜の形状にサッシをはめ込むというのは、完全な特注品になり、下の垂直なサッシとの取り合いもあるため、このL型の傾斜付サッシ全体がオーダーで製作してあります。
いくらバブル時代の建物といっても、ここのサッシだけでも相当な建築コストをかけています。
4階のドーム形状の明り取り窓や埋め込み空調システム、電気床暖房、そしてこのサッシ、お客さまが生活するうえで全く必要がなく、メンテナンス費用がかかり過ぎるものだらけで、非常に住みづらい家と言ったことが良く分かります。
おまけに完成した家の窓にはカーテンレールはついていなかったそうです。
傾斜窓の目隠しや遮光対策などを考えて設計した形跡は見当たらず、引渡しのときに対策方法などの話も一切なかったとお客さま...。 ひどすぎますね!
贅沢に建築費用をかけて住みづらい家を造った、お客さまにとって誠に悲惨な結果でした。
傾斜窓の遮光はとても難儀な問題で、なおかつ北面の台形の窓に至っては、ガラスフィルムを貼る以外には遮光のしようがないと思います。
設計士や建築家の身勝手な思い入れで、奇をてらった建造物にしてしまうのはもってのほかです。
リフォーム前:キッチン
取手が縦に付いているユニットが炊飯ジャー収納ワゴンで、下にキャスターが見えていますね。
この奥の壁がクロスが残っていたところです。
もう一つの白い壁は、ステンレスになっているところです。
27年前はまだキッチンパネルというものが存在していなく、オーダーでキッチンパネルを造りはしたものの万全を期すために不燃材を壁に貼ってあったのですね。
そういうことで、右側の白い部分は不燃材:フレキです。
解体工事後リビング南面
床のフロアータイルも全部剥がし終わってます。
天井にあった空調機の吹出口や吸気ガラリ、全熱交換器、点検口などは全部撤去されています。
上記の撤去したものは全く使用していなかったものなので、いかに不必要なものが今まで天井に残されていたということです。
これにより、天井面はさぞかしスッキリすると思います。
階段前の収納の開き扉も撤去されてますね。
この収納は開き扉を折れ戸に変えますが、袖壁と背中の壁はそのまま再使用します。
階段の袖壁もなくなって。いるようです
リフォーム前階段袖壁
お客さまが取ってほしいと言っていた階段の壁はどうなったのでしょうか。
見てみましょう。
解体工事後階段袖壁
まだ残っているようないないような微妙な感じです。
解体工事後階段袖壁
壁の骨組みだけが残っている状態です。
鉄骨階段のフレームが露になっています。
解体してみて分かりましたが、お客さまが取ってほしいと言っていた壁は、かなり重要な役割がありました。
左側に電気ケーブルの束、そして右側にグレーの塩ビパイプが見えていますが、これらのために壁が床から天井まであったのです。
問題発生です。

続きます...。
リフォーム前:キッチン キッチン撤去範囲

キッチンとダイニング収納の取り合い
左上のキャビネットは水色の大きさのキャビネット(水色)になっているため、撤去するわけにはいきません。
残すのは右側だけなので、キャビネット本体を半分に詰めて再使用する予定です。
半分に加工して観音開きの扉を1枚だけ再使用するわけですが、ここは左側が丁番になって左開きにしないと使い勝手がよくないです。
そのため、解体工事の前に左開き用の扉を外して保管してあるので、画像には扉がありません。
新しく同じような扉を製作することは可能ですが、27年前に設置したウレタン塗装の扉で、日焼け具合まで再現するとなるとかなり困難な作業になります。
ここはリフォーム費用のこともあるので、再使用することがベストの選択ですね。
キッチンがきれいに撤去されています。
床には給排水設備が露出になっていますが、向かって左側が食器洗い機用、右がシンク・キッチン水栓用です。
給排水管は床スラブに埋め込まれている部分以外は、今回リフォーム工事で全部交換します。
リフォームプラン展開図:階段回り
リフォーム平面プランにも記載してありますが、天井から吊るしてあるBOSEのスピーカーも今回リフォームで移設する予定です。
リフォーム前は右のスピーカーが中途半端な位置にあります。
壁がなくなるということもあり、この右側のスピーカーだけを画像の緑の位置に移設して、より良いリスニングポジションになるようにします。
■リフォームプラン展開図:リビング・階段回り南面
折れ戸:ピポット固定 折れ戸:フリー走行

普段は両端を仮固定しているので、折れ開閉が容易です。
仮固定を解除すれば扉が自由に動くので、右にも左にも振り分けてフルオープンが可能です。
こんな感じで使えるということです。
これでしたらお客さまが望まれる、開け放して広く使う収納ということをクリアーできますね。
しかしもともと奥行がない収納のままリフォームするので、収納内部はオール可動棚にして、衣類はたたんで収納してもらいます。
リフォーム前キッチン3
フリー走行が可能なのは床に直付レールを取り付けるタイプに限られていて、この画像のように床にレールを取り付けないタイプではできませんのでご注意してください。
しかしノン下レールタイプはレールがないので、ホコリも溜まりにくく、お掃除も楽ですけどね。
折れ戸:ノンレール3方枠
この部分がお客さまのご要望により、どのようにリフォームされるのか展開図を見ていきましょう。

リフォーム前は観音開きの収納が2つに分かれて在りました。
観音開きの収納にした場合は、収納と収納の間に間仕切り壁若しくは隔てパネルが必要になるた内部を開け放して目いっぱい使うことはできません。
なおかつリフォーム前はハンガーパイプがあるので、クローゼットとして設計されていたようですが、奥行が
50㎝にも全く満たないため、ハンガーを掛けるにしても垂直に掛けると扉が閉まらないので斜めに掛けるようになり、収納量は限られていたとのことです。
扉を開け放して、広く使える収納にしたいというご要望です。
リフォームプラン展開図:トイレ東面
コの字型に壁をかき込んであるところです。
本当は2連式の紙巻器を使う予定でしたが、なかなかオシャレなものがないので、ここにトイレットペーパーを2つ置いておくためです。
お分かりのように、ここはここで棚にトイレットペーパーをストックしておくのと違う便利さがありますよね。
リフォームプラン展開図:トイレ北面
壁が斜めになっているので、図面では縦ラインが多くなるため分かりづらいですね、申し訳ございません。
平面図にあるように棚板の形は台形で、ここは可動棚ではなく固定棚になります。
とりわけトイレに入ったときに死角になるので、扉をつける必要はないのではということでオープン棚になりました。
トイレにある窓は2~3年前のリフォーム工事で、風通しを良くするためと3階入口回りを明るくするために設置したもので、この位置をトイレにリフォームした場合は風通しのことはあきらめていただきますが、開き戸の上に明り取り窓を設置することで明るさは確保できます。
・・・・・・・・・・・ 前の記事
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事