株式会社アイネックス ホーム >  子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区:出来る限りの壁を撤去して風通しのいい家にリフォーム~解体工事開始

株式会社アイネックス 公式ブログ

子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区

出来る限りの壁を撤去して風通しのいい家にリフォーム~解体工事開始

アイネックス小池です

4階のリフォームに対してのご夫婦のご要望を一通りご覧いただきましたので、今回からリフォーム現場の施工様子を見ていただきます。
今回は住まいながらのリフォームで、寝室のある4階のリフォーム中ご夫婦は3階で寝食を摂ることになります。

4階リフォームのメインテーマは、壁をできるだけ無くして風通しのいい家にしたいということで、あまりお目にかかれないリフォームなので、どのようになるのかとても楽しみです。
■リフォーム前平面図
■リフォームプラン
解体工事 子供部屋 解体工事 子供部屋
解体工事が始まりました。
子供部屋の造り付け(造作家具)の本棚&デスクの解体撤去工事が終わっていて、ロフトに上がるハシゴの前の間仕切り壁も無くなっています。
この壁は一旦撤去しましたが、この壁に照明のスイッチを設置するので、リフォーム後は幅が小さくなりますが再度壁を造ります。
解体工事 階段室・廊下 解体工事 階段室・廊下
階段室の廊下を形成していた壁が解体撤去されました。
奥が奥さまの寝室になりますが、こんなに壁を壊して見通しがよくなり、入口にはなんのドアも取り付けないのですが、本当にいいのでしょうか? 私のほうが心配になります。
このまま進めばご要望通り、相当風通しが良くなりますね。
リフォーム前オープン収納部
リフォーム前に階段室のオープン収納があったところですが、便器を撤去した跡があります。
お客さまがちょっとしたリフォームはしたことがあると言っていたのは、このことですかね。
寝室既存収納
寝室の収納はリフォーム対象外で、中には荷物がたくさんしまってあるとのことなので、埃が入らないように厳重に養生をしておきます。
エアコンを撤去したので、露出している配管は冷媒管とドレン管です。
エアコン撤去
25年前のままなので、冷媒管は現在は使用されていない銅管を使っています。
またここにエアコンを設置するようなら、この銅管というものは非常に扱いにくい配管材料です。

リフォーム工事でどこまで窓を完全に遮光することができるか?

上の建物図面の右側断面図を見ていただくと、ラウンドしている屋根の下を塗りつぶしてあります。
リフォーム前平面図に収納が3ヶ所ありますが、これが断面図の塗りつぶした位置になります。
リフォーム前 ロフト1 リフォーム前 ロフト2
窓をベニアで塞いでいるのが分かりますね。
これは遮光フィルム、厚手の黒紙に続いて3度目の対策でしたが、ご覧のように明かりが完全に漏れています。
建物外観写真1 建物外観写真2
外から見るとよく分かりますが、右の画像は強烈に太陽の日が当たっていますね。
これは暑いでしょうね。
全面が窓のため、塞ぐ対象部分がアルミフレームとガラスだけなので、ビスや釘を使うことができないところです。
そのため大工さんに頼んで、ベニアを窓の形ギリギリに加工してもらって、窮屈にカットされたベニアを思い切りはめ込んだそうです。
しかし、ガラスとベニアの間の空気層が暑さのせいで膨張した結果、ベニアが内側に押し出されてしまったのでしょうね。

さて、どのように塞ぐか考えなくてはいけませんね。
安全設計
インテリアに溶け込むシンプルな本体は、物干しとしての存在を感じさせません。
ステンレスワイヤーの耐荷重は10kgで、一般的な室内用の物干し竿と同等の荷重に耐えることができます。
私の自宅にもこの物干しワイヤーがありますが、家内の性格なのでしょうか、ワイヤーが巻き込まれているのを見たことがありません。

■リフォーム前平面図(販売図面)
薄くて分かりづらいですが、お客さまからのメールにもありましたように、廊下が全居室に通じる2LDK、築20年のマンションです。
私は住まいもず~と西荻窪なので、このマンションができてもう20年も経ったのか、とこういう場合に感慨深く感じます。
ここまでが、お客さまからいただいたリフォームに関する情報です。

ごく稀に、図面と数枚の現況写真でお見積りをしてくださいとのメールがありますが、現地調査をせずして見積りはまず不可能です。
図面はあくまでも情報の一つに過ぎず、アイネックスは必ず現地調査をして正確な寸法や電気配線、給排水管配管など諸々を把握したうえで見積りをさせていただいております。

これから向かいのマンションの現地調査の様子をご覧いただきますが、かなりの衝撃映像ならぬ衝撃画像なので心して見てください。
■現地調査
図面をご覧ください。
玄関を入ってすぐ廊下があります。
我々がまず目にした風景がこれです。
なにかしらの実験で失敗をしたのか、それとも軽いボヤでも出してしまったのかと思いました。

ブログにこんなことを載せたら通常は大喧嘩になりますが、このように書けるのも今やこのお客さまとは超仲良しなのです。
このお客さまは超々々ご多忙なお方で、家にはお風呂と寝るためだけにチョコッと帰るぐらいだそうです。
男性?...いいえ女性です。
チャーミングで頭はキレキレ、性格は男前なとても素敵な女性です!!!

いっぺんに見るにはきついので、現地調査の画像は2回に分けてご覧いただきます。
■現地調査
薄くて分かりづらいですが、お客さまからのメールにもありましたように、廊下が全居室に通じる2LDK、築20年のマンションです。
私は住まいもず~と西荻窪なので、このマンションができてもう20年も経ったのか、とこういう場合に感慨深く感じます。
ここまでが、お客さまからいただいたリフォームに関する情報です。

ごく稀に、図面と数枚の現況写真でお見積りをしてくださいとのメールがありますが、現地調査をせずして見積りはまず不可能です。
図面はあくまでも情報の一つに過ぎず、アイネックスは必ず現地調査をして正確な寸法や電気配線、給排水管配管など諸々を把握したうえで見積りをさせていただいております。

これから向かいのマンションの現地調査の様子をご覧いただきますが、かなりの衝撃映像ならぬ衝撃画像なので心して見てください。
■リフォーム前平面図(販売図面)
■リフォーム平面プラン
■リフォーム前の玄関
・・・・・・・・・・・ 前の記事
もったいないと思うのですが、イメージの玄関とは違うとのことで大理石を撤去しました。
またまたレンズが埃だらけで分かりづらいですが、撤去されています。
こちらの写真の方が分かりやすいですかね。
さて、どこを撮っているのか分かりますか?

下駄箱の下を覗き込んでいます。
下駄箱が宙に浮いたように設置されています。
同じく石のタイルに貼り替えるのですが、手がやっと入るぐらいのスペースなので、この下にタイルを貼るのはすごく大変でしょうね、左官屋さん。
洋室1の隣の納戸です。
ジュータンを撤去した後に構造用合板(12mm厚の合板)を2重貼りにしてあります。
ジュータンを撤去したら構造用合板が出てきましたが、それだけの下地の厚みは洋室1の無垢フローリング面との段差が大きくなりすぎるため、段差を緩和するために2重貼りにしました。
洋室2です。
ここも構造用合板を2重貼りにしてあります。
先日書きましたが、廊下は既存フローリングに15mm無垢フローリングを上貼りするため、下地に何も手を加えなければ、洋室2と廊下の段差は30mmになってしまいます。
そのため構造用合板12mmを2重貼りにして、段差を6mmまで解消できます。

続きます...。
・・・・・・・・・・・ 前の記事
次の記事 ・・・・・・・・・・・ 前の記事
主な仕様
天 板  : 人工大理石 デュポンコーリアン
扉 材  : ウレタン塗装
取 手  : アルミグリップハンドル
主な仕様
天板:ステンレスSus-304 1.2tヘアーライン仕上げ
扉材: メラミン化粧板
取手: ステンレス

食器棚や作業カウンターもキッチンに合わせてオーダー家具で揃えたい

奥に見えているのがキッチンの対面にある作業カウンター
手前は食器棚兼パントリーです。
■キッチン対面作業カウンター
■食器棚兼パントリー
鮮やかな赤です。
写真より実物のほうのが素敵だと思います。

リフォーム工事概要

既存平面図
2期リフォームは図面左側の既存ブロック塀です。
既存平面図
2m近く盛土があり、その上にブロック塀と以前お客さまがご自分で取り付けたラティスがあります。
ブロック塀は強度に問題がないので再使用して、ラティスは撤去して1期リフォーム工事で設置した門扉のカラー・
材質と同じフェンスを取り付けます。

中庭のブロック塀を第1期リフォーム工事の仕様と同じカラー・材質で統一したい

2期リフォーム工事は奥の塀とフェンスです。
手前の塀は1期リフォーム工事の施工範囲で、発生していたエフロ現象を処理してきれいにした後、コンクリート劣化防止・遮水材「MCファイン」を塗布してあります。

左右の塀の意匠を合わせたので、ひと続きのきれいな
塀になりました。