株式会社アイネックス ホーム >  子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区

株式会社アイネックス 公式ブログ

子供の独立を機に住まい方を変えるためのリフォーム in 杉並区

子供が独立後、子供部屋をご主人の寝室にリフォームするケースが多いのはなぜ?

アイネックス小池です

アイネックスのご近所のお客さまからリフォームのご依頼をいただきました。
2世帯住宅で鉄骨造4階の建物です。
3階と4階をご夫婦お二人で使用しているとのことで、お子さんたちが独立したのを機に、住まい方を変えたいそうです。
「子供の独立を機にリフォーム」という動機でリフォームされる方はとても多いですね。
リフォーム前4階平面図
3階は2~3年ぐらい前にちょっとしたリフォームをしたそうですが、4階は築25年でリフォームらしきリフォームはしてないようです。
4階の間取りは、ご夫婦の寝室と子供部屋、階段室、廊下収納、階段室・廊下の上が子供部屋から使用するロフトになっています。
将来的に子供部屋を2つに分ける計画で設計しておいたそうですが、お子さんは男の子2人で帰ってきたり来なかったりで家にいないことが多かったので、結局分けずじまいで今に至っているとのことです。


お客さまの4階リフォームに対してのご要望は以下の通りです。
1.とにかく風通しのいい家にしたい
2.フローリングを貼り替えたい(既存フローリングの上に増し貼りでも構わない)
3.現寝室を奥さまの寝室にして、子供部屋をご主人の寝室にする~造作デスク&本棚は撤去
4.天井・壁クロス貼り替え
5.全部の窓にカーテンボックスを設置したい
6.バルコニー側にある腰高の収納の扉を交換したい
7.東面の最上部が端から端までドーム型の窓になっていて、夏の朝は暑くて目が覚めるので塞ぎたい
という内容です。

なぜなのですかね? このくらいの世代のご夫婦のリフォームは、夫婦の寝室を別にしたいというご要望が多いですね。
まあ、私もご多分に漏れていませんが...。
■リフォーム前平面図(販売図面)
薄くて分かりづらいですが、お客さまからのメールにもありましたように、廊下が全居室に通じる2LDK、築20年のマンションです。
私は住まいもず~と西荻窪なので、このマンションができてもう20年も経ったのか、とこういう場合に感慨深く感じます。
ここまでが、お客さまからいただいたリフォームに関する情報です。

ごく稀に、図面と数枚の現況写真でお見積りをしてくださいとのメールがありますが、現地調査をせずして見積りはまず不可能です。
図面はあくまでも情報の一つに過ぎず、アイネックスは必ず現地調査をして正確な寸法や電気配線、給排水管配管など諸々を把握したうえで見積りをさせていただいております。

これから向かいのマンションの現地調査の様子をご覧いただきますが、かなりの衝撃映像ならぬ衝撃画像なので心して見てください。
■現地調査
図面をご覧ください。
玄関を入ってすぐ廊下があります。
我々がまず目にした風景がこれです。
次の記事 ・・・・・・・・・・・