株式会社アイネックス ホーム >  豊島区空き家プロジェクト~柱や長押、回り縁、障子がある典型的な和室を洋室にリフォーム

戸建住宅リフォーム施工事例

豊島区空き家プロジェクト 厚労省「住宅セーフティネット制度」共同居住型住宅

予 算  : 900万円

■主な工事
真壁を大壁に変更・砂壁をクロスに貼替
床貼替
キッチン:場所を変えて新設
在来式浴室をユニットバスに変更
洗面台・洗濯機スペース新設
便器・ウォシュレット×2ヶ所新設
耐震改修工事
防火上(45分準耐火構造)有効な間仕切り壁に変更
セーフティネット住宅付帯設備設置
分電盤新設

柱や長押、回り縁、障子がある典型的な和室を洋室にリフォーム

リフォーム前:1階平面図 1階リフォームプラン
リフォーム前:専用居室1入口
専用居室1の入口は、リフォーム前の和室6畳間の入口と全く同じ位置です。
ご覧の通り木造和風住宅の砂壁に囲まれて、白い開き戸が不自然に在りました。
開き戸が手前に開くためでしょうか、トイレの前はゆったりしたスペースになっています。
リフォーム後:専用居室1入口
このスペースも白とベージュのコンビネーションがとても素敵な空間になりました。
トイレの前はゆったり感こそなくなりましたが、居室の入口を室内側で動作するアウトセット上吊り引戸に変更して、トイレのドアを折れ戸にしたため、使い勝手にはなんら問題はありません。
入口の上に設置してあるのは、専用居室1の電気使用量を計測する電気量計です。
今回のセーフティネット住宅は共同居住型住宅、いわゆるシェアハウス型なので、各居室の電気使用量を計測する電気量計は欠かせない計器です。

電気量計については、アイネックス公式ブログ「シェアハウス型セーフティネット住宅リノベーション~防火ダンパー付ウエザーカバー」 をご覧ください。
リフォーム後:居室入口アウトセット上吊り引戸
居室の入口引き戸は鍵で施錠できるようにしてあります。
リフォーム前:専用居室1(和室6畳間) リフォーム前:専用居室1(和室6畳間)
リフォーム前の専用居室1は、真壁 仕様の典型的な和室の造りでした。
リフォーム前:和室水屋
お茶をやられていたのだと思いますが、西側の隅には水屋がありました。
リフォーム後:専用居室1
専用居室の入口は全室アウトセット上吊り引戸を使いました。
上吊り引戸は力を使わずに簡単に開閉できるので、高齢者が入居する可能性が高いセーフティネット住宅には非常に適しています。
また引き戸はバックステップをしないで入退室ができるので、入居者にはとてもやさしい建具です。
リフォーム後:専用居室1
アウトセット上吊り引戸は上吊りレールを壁に取り付けます。
そのため引き戸が動作する範囲は壁に上吊りレールが露出して見えるため、ご覧のように引き戸と同色の幕板(純正)でレールを隠すようになっています。
リフォーム後:専用居室1
水屋を撤去して収納にしました。
収納の奥行は45cm足らずに見えますが、水屋部分は外に突き出ていたので奥行としては十分です。
リフォーム後:居室1収納 リフォーム後:居室1収納
収納の幅は半間(90cm)のため、折れ戸を使うと扉溜りが邪魔になり使い勝手が悪いので、開口有効寸法を広く取れるように観音開きの建具にしました。
通常の押入と同じ奥行(約85cm)があるので、ふとんも収納ができ、クローゼットとしても使えるように設計してあります。
リフォーム後:専用居室1
入口から見た専用居室1です。
柱や長押、天井回り縁、障子など典型的な和室の装飾が一切なくなり、完璧な洋室にリフォームされました。
庭に出入りする際の安全な昇降動作を補助するために、掃出窓の横に手摺を取り付けました。
左右の壁には各部屋共通の付帯設備を設置してあります。
リフォーム後:共通付帯設備
クロスと同化して分かりづらいですが、右の壁にはワイヤー物干し(A)と24時間換気システムの給気レジスターが設置されています。
リフォーム後:共通付帯設備
東の壁に取り付けてあるのは、各部屋共通の付帯設備の一つ、付長押です。
付長押については、アイネックス公式ブログ「シェアハウス型セーフティネット住宅リノベーション~建具の取付はクリーニング直前」 をご覧ください。
リフォーム後:専用居室1
ワイヤー物干しは使用する際に、ご覧のようにワイヤーを引き出して反対側の受けにフックさせます。
ワイヤー物干しについては、アイネックス公式ブログ「室内に洗濯物を干す画期的な物干し金物~使うときだけワイヤーを伸ばして干す」 をご覧ください。
リフォーム前:2階平面図 2階リフォームプラン