株式会社アイネックス ホーム >  天井・壁を壊さないローコストでできる耐震改修工事

天井・壁を壊さないローコスト耐震改修工事

既存木造住宅を現行の耐震基準以上にリフォーム~国土交通大臣認定

内壁耐震補強 かべつよしシリーズ

通常の耐震改修工事の場合は、柱と梁・土台に構造用合板や筋かいを設置するため、天井と床を解体して耐震改修後、天井と床を復旧しなくてはいけません。
「かべつよし」シリーズは内壁部分だけで耐震改修ができるので、天井も床も壊す必要がありません。
そのため、解体・復旧工事の工程が減り、工期が短縮され、全体の工事費用を大幅に低減できます。
構造用合板や筋かいによる耐震補強と比較して「かべつよし」シリーズは、耐力が高く、非常に優れた耐震性能があります。
国土交通大臣認定、日本建築防災協会の技術評価を取得していますので、自治体の耐震改修工事補助金申請にもご利用いただけます。
耐震改修工事の基本は、「現在の壁を強くする」ことが目的です。そのためには、さまざまな仕様で使用できなければなりません。
「かべつよし」シリーズは、大壁(洋室)・真壁(和室)の半間に加え、一間・入隅・窓回りなどたくさんのバリエーションがあります。

心強いラインナップで安心、安全、強力な耐震改修工事を実現

NEWかべつよし
補強板にMDFを採用して、木質系ならではの粘りが特徴です。
MDFは木材の繊維を熱圧して製造された成型板のため、加圧しても即座には壊れず、粘りのある耐震補強材として大変優れています。
モイスかべつよし
三菱商事建材が開発した、国土交通大臣認定の不燃材「モイス」を補強板に使用した「かべつよし」。
「かべつよし」の強さと粘りに不燃性を負荷した耐震補強材です。
また、「モイスかべつよし」はじゅらくや漆喰などの左官仕上げが直接可能で、クロスも直接貼ることができます。