株式会社アイネックス ホーム > 造作家具施工事例 新宿区W邸 ~ キッチンの横に家電品を使うときだけ扉を開ける収納

造作家具実績写真・施工事例Built-in furniture

宿区W邸 ~ キッチンの横に家電品を使うときだけ扉を開ける収納

                             造作家具工事内容
■キッチン家電収納
■洗濯機収納  

お客さまの造作家具のこだわり

・キッチンの横に家電品を隠せて、使うときだけ扉を開ける家電品収納を設置したい
・炊飯ジャーとポットはスライド式にして、出して使いたい
・洗濯機回りにタオルや洗剤を収納する棚を設置したい

キッチンの横に家電品を隠せて、使うときだけ扉を開ける家電品収納を設置したい

リフォーム前の写真をご覧いただければお分かりの通り、家電品収納を設置するスペースはかなり狭いので綿密な
プランニングが必要です。
■家電品収納プラン
正面図は2つありますが、正面図1は完成した状態で正面図2は2枚のフラップドアを開けた場合の図面です。
フラップドアは断面図のように上に開くドアのことで、今回は開けたフラップドアがそのまま奥にスライドして収納
出来るようにします。
フラップドア収納内部には左上にコンセントを設けます。
電子レンジは最も使いやすい目線の高さに、炊飯ジャー&ポット収納は引き出して使いやすい位置に設定して
あります。
2つのコンセントは既存コンセントから引き込みますが、将来的に点検ができるように、背板の一部が点検口に
なっています。
全部扉を閉めた状態です。 2枚のフラップドアを収納した状態です。
完全スライドレールなので、ここまで出せます。 フレームの材質とカラーは門扉と全く同じです。
造作家具だからこそピッタリ納まりました。既製品では隙間が空いてこのようにいきません。
これでかなりの量を収納できるようになりました。

洗濯機回りにタオルや洗剤を収納する棚を設置したい

 洗濯機はお風呂の脱衣室にあり、このように何も収納が
 ありません。

 バスタオルや洗剤などをしまう素敵な収納がほしい
 というお客さまのご要望です。
■洗濯機回り収納プラン
扉付トールキャビネットは床から天井まで、洗濯機上にオープン棚を2段設置するプランです。
造作家具だからこそピッタリ納まりました。既製品では隙間が空いてこのようにいきません。
これでかなりの量を収納できるようになりました。
既存平面図
2m近く盛土があり、その上にブロック塀と以前お客さまがご自分で取り付けたラティスがあります。
ブロック塀は強度に問題がないので再使用して、ラティスは撤去して1期リフォーム工事で設置した門扉のカラー・
材質と同じフェンスを取り付けます。