株式会社アイネックス ホーム >   リフォーム工事前の懸案事項は解体工事後に大部分が解決します

新着情報

リフォーム工事前の懸案事項は解体工事後に大部分が解決します

■2019/07/02 リフォーム工事前の懸案事項は解体工事後に大部分が解決します
アイネックス小池です

「中古マンションのリノベーション~無垢フローリングへのこだわり」、施工シーン、解体工事の続きです。
■リフォーム前平面図(販売図面)
■リフォーム平面プラン
リビングダイニングです。
これだけでもかなりスッキリしました。
リフォーム工事開始前は、こんなに凸凹していました。
やはりごっついカーテンボックスが美観を損ねていましたね。
解体工事中のためレンズが埃だらけなのはご容赦ください。
小窓のカーテンボックスはこれから撤去します。
レンズを掃除してカシャ。
リフォーム工事前のお客さまとの打合せでは、解体工事後に問題なければ、エアコンが付いている壁面に回りの壁を合わせるということになっていました。
問題がないので、ここはオールフラットになります。
冷蔵庫スペースの奥行を70cmにするため、台所⇔洗面脱衣室の間仕切り壁(緑部分)を台所側に移動するので、取り敢えずプラスターボードだけを撤去しました。
洗面脱衣室側の画像です。
壁の位置が移動することに伴い洗濯機パンの位置も変わるため外してありますが、どのみち洗濯機パンも新しいものに交換します。
さて、どこからどこを取っているかお分かりになりますか?
ユニットバスを撤去した後の浴室から洗面脱衣室を撮っています。
マンションの水回り設備の床下は、通常はこのように床を嵩上げして、給排水管の配管スペースになっています。

続きます...。
リフォーム工事概要
杉並区の中古マンションを購入して、他県からお引越しされるお客さまからリフォーム工事のご依頼です。
とても嬉しいことにアイネックスにおきましては、このようなご依頼をたくさん頂戴いたします。
このお客さまも言われてましたが、数社から相見積もりを取られていたそうですが弊社に決めていただきました。
本当にありがたいことです。

キッチンのリフォームには家内が強いこだわりがあるので叶えてあげたい(ご主人)

■リフォーム工事平面プラン
キッチンの間口は2m10cmですが、コンパクトな中に素敵な機能がぎゅ~と詰まっています。