株式会社アイネックス ホーム >  杉並区I住宅~中古マンションの床に無垢フローリングを使ってリフォーム Before&After2

マンションリフォーム施工事例

杉並区I住宅 Before&AfterⅡ 住宅水回り設備のリフォーム

築年数  : 18年
予 算  : 700万
主な工事 : リビング・廊下 無垢フローリング貼
       既存ジュータンの部屋:フロアタイルに貼替
       キッチン・洗面室・トイレ:床フロアタイルに貼替
       ユニットバス・便器:交換
       造作家具:洋室に本棚、キッチンに化粧棚を設置
       建具:開き戸・収納扉全部交換
       キッチン・洗面台:扉ダイノックシート貼
       玄関土間:石タイル貼替
       クロス:天井・壁貼替
       その他諸々          

浴室は、ひと廻り広いサイズのユニットバスに交換したい

リフォーム前の床はタイル調で目地があるため掃除が面倒でしたが、最新の温かくて掃除が簡単なタイプになり
ました。
浴室入口段差も解消されてバリアフリーになったので、高齢者にもやさしいお風呂にリフォームされました。

トイレのリフォーム~節水型タイプの便器に交換したい

それほどリフォームした感はありませんが、便器のフォルムがやさしくなってコンパクトになっています。
ただし排水時に使用する水量が半分ぐらいになっているので、かなりの節水リフォームになっています。

キッチンと洗面台は既存品を使用するが、扉(表面材)だけは変えたい

■洗面台
リフォーム前はベージュ系の扉でしたが、ホワイトの扉にリフォームされています。
これは扉を交換したのではなく、既存の扉にホワイトのシートを貼ってあります。
扉を交換するよりリフォーム費用は全然くあがります。
あまり複雑な形状の扉は無理ですが、一般的なものなら大抵は施工可能です。
■キッチン
リフォーム前の扉は写り方で違う色に見えますが、キッチンと洗面台は同じ扉を使っていました。
ここも同様にホワイトのシートを貼りましたが、まるで新品のキッチンみたいと大変喜んでいただきました。

キッチンのレンジフードをオシャレで掃除が楽なタイプに交換したい

スッキリしたデザインのレンジフードに交換しました。
レンジフードの幕板もホワイトのシートを貼って統一したのも、新品のキッチンまみたいと言っていただいた一因
かもしれませんね。

キッチンの水栓を浄水器一体型タイプに交換したい

アイネックスにおきましては、かなりの件数のキッチンリフォームをさせていただきましたが、約80%のお客さまが浄水器を設置されています。
 施工中の画像です。
 オークの無垢フローリングで、工場出荷前にオスモ自然
 塗料クリアーを塗ってあります。
 この画像の色柄が一番現物のテクスチャーに近く撮れて
 います。
エアコン回りの壁が1段奥まっていたり、カーテンボックスを延長していたりして、リフォーム前の壁は凹凸して
いました。
カーテンボックスは撤去して、全体的にエアコン設置位置の面まで壁を下げたのでとてもスッキリしました。
■廊下
オークの無垢フローリングは、リビングから廊下を挟んで洋室1まで繋がっています。
■廊下→洋室1
洋室1の床はリフォーム前はジュータンでした。

フロアタイルにリフォーム~洋室2・キッチン・洗面脱衣室・トイレ・サービスルーム

■キッチン
無垢フローリングは水との相性がよくないので、キッチンは既存フローリングの上にフロアタイルを貼りました。
サーカーボールのような柄がとてもかわいくて素敵ですが、施工に時間がかかるため少し施工費が高くなります。
■洗面室
洗面室もキッチンと同じフロアタイルを使っています。
■廊下との取り合い
キッチン ⇔ 廊下 洋室2 ⇔ 廊下
床の見切材はフローリングに合わせて、オークの無垢材を使用しました。
洋室2のフロアタイルはグレーの単色です。
トイレ ⇔ 廊下 サービスルーム
トイレとサービスルームも洋室2と同じフロアタイルを使いました。

和室は畳をヘリ無し琉球畳風に表替えをしたい

リフォーム前は縁ありの畳でした。表替えで縁なしにしましたが、この琉球風たたみは流行りですね。

玄関の土間に貼ってある石タイルを違う石タイルに貼り替えたい

リフォーム前の石タイルは色柄がどうも好きではないということで、シンプルなプレーンの石に貼り替えました。
これには大きな効果があり、玄関がとても明るくなりました。
リフォーム前の窓はカーテン・レースを吊るしていました。
床は廊下からリビングダイニングまでフローリングで繋がっている1LDKのマンションです。
このフローリングの上にフロアタイルを増し貼りすることで、リフォーム費用~フローリングの解体撤去工事費と
撤去材産業廃棄物処分費及びそれに付帯する現場経費などが削減されます。
ウッドブラインドを下ろしていますが、昼と夜ではこんなにイメージが変わります。
使用したウッドブラインドの羽は、桐材の淡いグレー色です。
今度は桐ウッドブラインドを上げたときと下したときです。
オヤレな雰囲気にしたいとのことで、フロアタイルの柄は木目ではなくストーン柄を貼りました。
フロアタイルは玄関を入って、廊下からリビングダイニングまで繋がっていて、リビングドアを開けると同じ色調でリビングダイニングが広がります。

便器を交換してクッションフロアーをフロアタイルに貼り替える

少し分かりづらいのですが便器の色はグレイです。
リフォーム前は手洗器付タンクでしたが、トイレの向かいが洗面室ということもあり、手洗器が付いていないタンクを設置しました。
その気持ち、とてもよく分かります。