株式会社アイネックス ホーム > リフォーム工事のとき建具を再利用できるか?

よくあるご質問Q & A

リフォーム工事全般

リフォーム工事のとき建具(開き戸や引き戸)を再利用できるか?

リフォームをされるお客さまから、「建具(開き戸や引き戸)がそれほど傷んでいないので、再利用してもらえますか?」というご質問をいただくことがあります。

お気持ちはとてもよく分かります。
例えば開き戸を新設する場合、建具(開き戸本体)と建具枠のセットで取付費を入れるとだいたい5万円ぐらい
ですので、1軒あたりの平均的な建具の本数が6本としても30万円ぐらいかかりますから、半分の15万円でも
リフォーム費用が安く上がれば大きいですからね。

結論から申し上げると、開き戸や引き戸などの建具の再利用は可能ですが、弊社含めてリフォーム店にとってはあまり喜ばしいことではありません。
理由は下記の通りです。

1.解体・撤去工事のときに、再使用する建具を傷がつかないように慎重に取り外さなくてはならない。
2.取り外した建具を傷がつかないように、しっかり養生をして保管しておかなくてはならない。
  この場合、現場に保管できるスペースがあればよいが、なければ保管場所を用意しなくてはならない。
3.再利用する建具の寸法に合わせて、建具枠を設計、施工しなくてはならない。
4.再使用する建具に合わせて、建具枠の材質や色を施工・管理しなくてはならない。

大まかには以上ですが、建具本体は再利用できても建具枠はあつらえなくてはならないので、あつらえる分高くなるうえ、なおかつ上記の理由により手間がかかるため、返って割高になることのほうが多いと思います。