株式会社アイネックス ホーム > 押入をクローゼットに変更する場合、余った奥行はどうするか?

よくあるご質問Q & A

リフォーム工事全般

押入をクローゼットに変更する場合、余った奥行はどうするか?

押入 折れ戸式クローゼット
左の図面にあるように、押入の奥行は通常85cmぐらいです。
そして、クローゼットの奥行は通常60cmなので、押入の奥行を利用したままクローゼットに変更する場合は、右の図面のように奥行が25cmほど余ってしまします。
押入の奥行を無視して、奥の壁から奥行60cmを確保してクローゼットの折れ戸を取り付けるのであれば問題はないのですが、その場合は左右の壁だけではなく、床や天井にも影響がでます。
もし押入がある部屋の床がジュータンで仕上がっている場合は、ジュータンが貼られていない部分が25cmほど出現してしまいます。
継ぎはぎのジュータンでも構わないというのであれば別ですが、それでは体裁が良くないので部屋のジュータンを貼り替えることになります。
そのため、予算をかけないでリフォームを行うには、押入の奥行そのまま使って、なおかつスペースを有効的に活用できるクローゼットに変更したいものです。
押入断面図 クローゼット断面図
さて、押入の奥行をそのまま利用してクローゼットに変更するプランですが、奥にハンガーパイプを設置するととても使いづらくなるため、右の図面のようにハンガーパイプは手前60cmのセンターに設置するようにします。
そして肝心な余った25cmのスペースですが、この部分を収納できるように可動棚にします。
収納しておきたい物によって、可動棚の段数を決めればいいと思いますが、例えば書籍だったら8段ぐらいは可能ですね。
しかし、収納物の出し入れは手前の衣類が邪魔になるので、頻繁に使う物の収納には向いていません。
ただ、ほとんど使うことがないのに捨てられない物ってたくさんありますよね。
滅多に使わない物を収納しておくスペースも意外と重要だと思います。
この方法で押入をクローゼットに変更すれば、リフォームコストを抑え、なおかつスペースを有効利用できます。

必要なときだけワイヤーを伸ばして干す

それを解決したのが、必要なときだけワイヤーを伸ばして洗濯物を干せる室内用物干しです。
使わないときはワイヤーを収納しておけば生活空間はスッキリ、インテリア性が高い室内用物干しです。
本体はインテリアの邪魔をしない白で、パイプではなく細井ワイヤーなので、目障りにならないのも室内用には最適です。

物干しがインテリアの一部に

白なので目立ちません 右がワイヤーをかけるフック 使うときだけワイヤーを引き出す

室内用物干しワイヤー操作手順

ワイヤーを引き出す ワイヤーをフック 本体をロック
対して樹脂木は、昨今リアルウッドと呼ばれ本物の木に近づけようと企業努力してますが、どうしてもイミテーション感は否めなく無機質な表情になってしまいます。

コスト・メンテナンス

ウッドデッキとして使用される天然木には、軟質と硬質があります。
軟質天然木の代表的なものとして日本人には馴染みのある檜や杉があり、加工が楽でコストも安いので入手しやすい材料です。
しかし、材質が軟らかいので衝撃性に劣り、日焼けによる褪色や風雨による腐朽劣化の進行が早いというデメリットがあります。
そのため初期敷設時には保護塗装をする必要があり、美観や耐久性を維持する場合は、最低でも4~5年での塗替えが必要になります。
使用する塗料は下記をご参照ください。

玄関ドアのリフォーム~20年間南に面している玄関ドアの塗装工事
杉並区K邸~天然ウッドデッキを使って夢のデッキバルコニーにリフォーム

硬質天然木はアマゾンジャラ、アマゾンチェリー、イペ、ウリンなどが代表的で、コストは高いですが耐久性が非常に優れていて、敷設時から劣化防止の保護塗装の必要もなく、メンテナンスが非常に楽で長持ちする材料です。
美観を重視する場合は、メンテナンス的に塗装を行うことが望ましいですが、塗装を行なわなくても耐久性は十分にあります。
しかし、非常に硬い木材なので加工がプロでも難しく、DIYには不向きな材料です。
ショッピングモールやレジャー施設の外部通路や踊り場にウッドデッキが頻繁に敷設されていて、ひと昔前までは
中級クラスの天然木を使っていましたが、日焼けによる褪色や風雨による劣化を避けられず、最近は樹脂木の使用
が目立つようになりました。