株式会社アイネックス ホーム > リフォームは大手企業か地元のリフォーム業者、どちらに依頼すればいいか?

よくあるご質問Q & A

リフォーム工事全般

リフォーム済み住宅か買ってからリフォームするか?~瑕疵の問題の観点から考えた場合

中古の戸建住宅やマンションの購入を考えているとき、「リフォーム済み」とか「フルリフォーム済み」とあたかも目玉商品であるかのように書いてあるチラシを目にすることがあります。
入居するときには既にリフォームが終わっているので、購入後のリフォーム費用は不要ですし、最初からきれいな部屋で暮らし始めることができるのはメリットです。
またもう一つのメリットとして、リフォーム済み住宅はリフォーム費用をあまり準備できない購入者にとっては、購入価格のなかにリフォーム費用も含まれていて、購入のための住宅ローンで賄いやすいということも言えます。

それでは、「リフォーム済み」、「フルリフォーム済み」住宅を購入する場合のデメリットは何でしょうか。
当然リフォーム費用も中古住宅の販売価格に上乗せされているので、購入後に自分の好きなようにリフォームしたい人にとってはマイナスの要素です。
それよりも重要なことは、中古住宅を購入した方がリフォームをしないということは、ご自分がリフォームの工事途中を見ていないということでもあり、そのリフォーム工事中に新たに発覚した瑕疵を適切な方法で補修しているかどうかを確認することもできないということです。
「リフォーム済み」住宅を購入するにあたり、これが最大のデメリットだと言えます。

中古住宅を購入した後にリフォーム工事を進めていく過程では新たに不具合が発見され、それが瑕疵に関わるようなこともあり、その補修のために追加工事が必要となることだってあります。
もちろん、お客さまにとって追加費用の負担は喜ばしいことではありませんが、これから安心して長く住むことを思えばプラス材料と考えられることでもあります。
リフォーム済みの中古住宅や中古マンションの場合、その大切な機会を逸することになってしまいます。
売却前に売主が瑕疵や劣化などを修理修復してくれていればいいのですが、まして自分が住むわけでもないのに見えないところにコストをかけたくないのは当たり前ですよね。
「自分の住まい」と「他人の住まい」、この両者に意識の違いが生じてしまうのは避けられないと考えておくべきだと思います。
「リフォーム済み」という触れ込みで中古住宅や中古マンションを販売するようになったのは、バブル崩壊後冷え切った中古住宅販売市場の打開策として登場した販売戦略です。
そのため、中古住宅の販売は「いかに予算をかけないで見栄えを良くするか」という概念に基づき、なおかつどこよりも低価格で販売する、という競争になっていき現在に至っています。
リフォーム工事中に新たに瑕疵に関わる不具合が発覚した場合に、どれだけ適切な対処方法で補修されているのか、その先長期間の使用を考えた工事方法なのか。
ご自分でリフォームをしない場合は、リフォーム工事の途中を自分の目で見ることができないことが最大のデメリットです。