株式会社アイネックス ホーム > リフォームは大手企業か地元のリフォーム業者、どちらに依頼すればいいか?

よくあるご質問Q & A

リフォーム工事全般

リフォーム済み住宅か買ってからリフォームするか?~瑕疵の問題の観点から考えた場合

実際、この業界にいないと工務店や設計事務所に依頼することのメリット・デメリットなんか分かりません。

基本的に設計事務所は、設計をする会社で物品の販売は法的に禁止されていて、お施主様からの「設計料」が唯一の収入です。
すなわち、設計に対してお金を支払っていただく「ノウハウ業」です。

アイネックスも属している工務店=リフォーム業者は、設計事務所が設計した通りに施工をする会社で、工事代金をお施主様からいただきます。
このへんは、みなさんもご存じのことことなのかと思います。

リフォーム工事を請け負わない工務店もありますので、リフォーム工事をする工務店という捉え方でリフォーム業者です。

設計事務所だけでなく、リフォーム業者も設計をします。 当然図面も描きます。
リフォーム業の看板を掲げている以上は、建築に関する知識を得るためや図面をよりお客様に分かりやすく描くための勉強もしましたし、今でも継続して勉強してます。
当然、気にいって頂けるデザインをするためにデザインの勉強もしますし、リフォームの流行り・廃りに関する情報は耳ざとく吸収します。

設計事務所が新築住宅の設計料として、法的には建築費の13%を請求することが許されているはずですが、現状は10%ぐらいが設計料の相場です。

一戸建ての新築住宅の建築費が5,000万なら、設計料が10%として500万になりますから設計事務所としても生計が成り立つと思いますが、リフォームの場合、500万のリフォーム工事費なら50万です。
設計料と言っても、ただ図面を描いてお終いでなく、工事の管理まで設計事務所が行います。
図面も描いて、なおかつ工事を管理して50万では、その仕事量からすると割に合わなくなるケースが多くなるので、リフォームの設計を好んで請けない設計事務所もたくさんあります。

それに対してリフォーム業者は、設計図面を描きますがリフォーム工事そのものも請け負うトータルビジネスです。当然設計料は無料です。

「リフォームをする場合、デザインを重視するなら設計事務所に、価格を重視するならリフォーム業者・工務店に依頼した方がいい」ということを言われる方がおられますが、それは間違いです。

リフォーム工事を何十件、何百件と手掛けてきたからこそ出来るデザインもあります。
またどのようにリフォームをすれば使い勝手がよくなり、お客さまの問題が解決するのかということも経験・実績から設計に反映させることが出来ます。