株式会社アイネックス ホーム 桧の無垢フローリング 天然の蜜ろうワックスで無垢の木材の表面保護とツヤ出し

株式会社アイネックス 公式ブログ

2階建て住宅のリノベーション 居住空間の動線を考える in 杉並区

桧の無垢フローリング 天然の蜜ろうワックスで無垢の木材の表面保護とツヤ出し

アイネックス小池です

「2階建て住宅のリノベーション 居住空間の動線を考える in 杉並区」の続きです。
■リノベーション前:1階平面図
■リノベーションプラン :1階平面図
解体工事の続きをご覧いただきます。
■リノベーション進捗状況:解体工事
玄関ホールです。

左側の床を撤去して、三和土(たたき)をシュークロークの中まで延長します。
■リノベーション進捗状況:解体工事
桧の無垢フローリングを1枚ずつ丁寧に剥がしています。

剥がしたフローリングは再使用するため、丁寧な作業が必要です。
■リノベーション進捗状況:解体工事
フローリングを剥がした部分と残る部分がくっきり別れているのが分かります。

剥がしたフローリング(赤丸)は再使用するまで保管しておきます。
■桧無垢フローリング
築12年足らずなので、フローリングの裏面はこんなにきれいです。

裏に溝が彫られているのは無垢フローリング独特のもので、割れや伸縮防止のためです。

フローリングにはあらかじめ蜜ろうワックスがかけられていました。
■無垢フローリング用蜜ろうワックス
蜜ろうワックスとは、ミツバチの巣を溶かして、不純物を除去した「ろう」成分と植物オイルを混ぜて作った天然のワックスです。

主に無垢の木材や本革製品の表面保護やツヤを出すために使用されます。

化学塗料と違い、木材の呼吸を止めないので、木材本来の調湿性を保ちながら表面を保護します。
■リノベーション前:縁側 ■リノベーション進捗状況:解体工事
縁側の解体工事です。
縁側の下に落ち葉やごみが溜まるのでお掃除が大変とのことです。
■リノベーション進捗状況:解体工事
縁側がきれいさっぱりなくなりました。
■リノベーションイメージ画像:ガーデンデッキ
こんなイメージで、縁側からガーデンデッキにリフォームします。

私は縁側が好きですが、縁甲板が日焼けして汚くなるのが嫌ですね。

今度はタイルなので、日焼けによる色褪せもなく、お掃除も簡単になりますね。
■リノベーション前:2階平面図
■リノベーションプラン :2階平面図
お客さまにはまだ断片的なプランしか見ていただいてなく、これから正式にプレゼンするわけですが、1階のプランはほぼ固まってきたので、次は2階のプランをご覧いただきます。
北側の洋室はご主人の寝室に、広い寝室の北側をお姉さんの部屋にすることまでは決まっていて、寝室の残りを奥さまと下のお子さんの寝室にするということまでは以前に書きました。

また、下のお子さんが成長するにつれて自分の部屋が欲しいとなった時のために、子供部屋をもう一つ造れるようにしておきたいというご要望があることも書きました。
■トイレ手洗器  ■トイレ手洗器 
■前回進捗状況:LDK北東 ■最新進捗状況:LDK北東
前の記事 ・・・・・・・・・・・ 次の記事