株式会社アイネックス ホーム 戸建住宅はマンションに比べ気密性に欠ける 夏の冷房効率向上、冬の防寒対策

株式会社アイネックス 公式ブログ

2階建て住宅のリノベーション 居住空間の動線を考える in 杉並区

戸建住宅はマンションに比べ気密性に欠ける 夏の冷房効率向上、冬の防寒対策

アイネックス小池です

「2階建て住宅のリノベーション 居住空間の動線を考える in 杉並区」の続きです。
■リノベーション前:1階平面図
ほかにも1階のリノベーションに対してのご要望があるので見ていただきます。
■リノベーション前:東面縁側
幾度かご覧いただきましたが、リビングの東面には大きな窓が2ヶ所あり、前が長く縁側になっています。

縁側の下が空いていて、そこに落ち葉や砂塵が溜まり、気になってしょうがないので塞ぎたいというご要望がありましたが、そのイメージ画像が出てきましたので見ていただきます。
■リノベーション:ガーデンデッキ イメージ画像1
かなり似ている造りですね。

タイル貼のガーデンデッキで1段ステップを設けてあります。

縁側は座布団を敷いて座ったり、縁そのものに腰掛け一服するイメージがありますが、ガーデンデッキは緑を飾って、デッキチェアで紅茶や珈琲を嗜むというイメージですかね。

私は蚊取り線香を炊いた縁側で、キンキンに冷やした焼き茄子を肴に焼酎を飲みーの、スポーツ観戦がいいですねー。
イメージ画像1は太陽の高さから南向きだと思いますが、日差しを避けるため突っ張り棒でオーニングを設置してあります。
これって絶対にあった方がいいですよね、冷房効率もグンと上がりますよ。

我が家もお客さまと同様に東側にリビングがありますが、それでも真夏は朝から暑くて暑くて堪らず、こんな感じでシェードを設置したいのですが、3階のため風でどこかへ飛んでいってはまずいので諦めました....。
ここ数年の酷暑は尋常じゃないですよね!

しかし、お客さまは暑さより寒さの方を改善したいとのご要望があります。
■リノベーション前:リビング ■リノベーション前:リビング
戸建住宅はマンションと比べ気密性に劣るので、どうしても寒くなりがちです。東側の大きな窓2つ以外にも、西側に窓が2つあります。
4ヶ所窓があるのも寒さの要因になっているはずなので、何かしらの防寒対策が必要ですね。

リビングには床暖房を2ヶ所敷設してあるのですが、お客さま曰く、隙間風も入っているのでしょうか、冬はものすごく寒くて気が滅入るとのことです。
■透明熱処理ガラス ■カスミ熱処理ガラス ■チェッカーアクリル
■リノベーション前:2階平面図
■前回進捗状況:LDK北東 ■最新進捗状況:LDK北東
前の記事 ・・・・・・・・・・・ 次の記事