株式会社アイネックス ホーム 和室とリビングが一体感があるように演出 マンションフルリノベーション in 杉並区

マンションリフォーム / リノベーション施工事例

和室とリビングが一体感があるように演出 マンションフルリノベーション in 杉並区

リノベーション前1階平面図 リノベーション前地下平面図
   築年数:15年  予算:1000万
   ■主な工事
   リラクゼーションルーム造作
   水回り交換:キッチン、浴室、洗面室、トイレ
   和室、寝室のリフォーム
   建具交換:開き戸、引き戸、収納
   床暖房新設:1階、地下
   造作家具工事
   下駄箱交換、玄関床(三和土)貼り替え
   フローリング、クロス貼り替え *アクセントクロス
   2重サッシ工事・網戸交換:内窓、ブラインド網戸
   スイッチ・コンセント交換

和室とリビングが一体感があるように演出~和室入口を襖から障子に変更、床の間を新設

リノベーション前リビングダイニング リノベーション前和室
■リノベーションプラン 
■リノベーションプラン:リビングダイニング・和室平面図
襖がある壁を撤去して、バルコニー側の躯体壁から階段室の壁まで全体に障子をはめます。

和室の押入は撤去して床の間を造ります。
■リノベーションプラン:和室入口障子
今回使用する形状を縦?(たてしげ)障子といいます。

通常は障子紙を張りますが、今回は障子の骨組みだけで開放的にして、リビングと一体感が出るようにします。
■リノベーションプラン:和室断面図
畳も交換しますが現状の畳の厚さは6cm、新しい畳は15mmのため、下地を組んで床を嵩上げします。

リビングと和室をつなげる際に重要なことは、堺に使う敷居などに床段差を生じさせないことです。
フラットにすることがデザインを美しく見せるポイントです。

使用する15mmの畳は、カビの発生やダニの増殖を抑え、対汚染性や耐光性にも優れている健康畳です。

床の間の背面はアクセントクロスを使います。
■リノベーション後:リビングダイニング&和室 ■リノベーション後:和室
■リノベーション後:和室→リビングダイニング
■リノベーション後:和室
畳は縁なし畳です。
■リノベーション後:和室 ■リノベーション後:和室床の間
■リノベーション後:台所→リビングダイニング・和室
キッチンの開口部を大きくしたので視界良好です。
■リノベーション後:リビングダイニング&和室
リフォーム前 : トイレ&洗面脱衣洗濯室
リフォーム前平面図:矢印A リフォーム前平面図:矢印B リフォーム前平面図:矢印C